読書感想

自分を超え続ける 南谷真鈴

投稿日:2017-12-15 更新日:

『目標』が、誰かに言われたり、親の期待に応えるためのものだったら、最初からやらなかったかもしれません。

自分の内側から湧いてくる純粋な

『やりたい』という気持ち

これに勝る『何かをする理由』はないと思います。

何かをするのにプランは必要です。

その上で、どこに実行のチャンスが、あるのかという『タイミング』と、今の自分の『強み』をしっかりと考えることも大切なのかもしれません。

世界を見るというのは外側を広げることではなく、自分の内側を広げることなのかもしれません。

若くして、自分の進む方向を決めて行ける強さを持っている人。

自分の進み方にアドバイスを与えてくれる。

原動力を再確認出来る様な、言葉がたくさんある。このエピソードは、実話なので、リアリティがあり、内側を刺激してくれる。

こういう人もいるんだと、素直に尊敬出来る。

最近読んだ、本の感想

-読書感想

執筆者:

関連記事

人を動かす D.カーネギー

この本から、所属や共通言語があるコミュニティ過去の自分の人間関係を、超えた繋がり方を学びたいと思って読んでいる。 “世界的な極悪人達でさえ、自分が正しいと思い込んでる。 彼らほどの悪人でな …

7つの習慣 スティーブン、アール、コビー

自己責任の原則 問題は自分の外にあると考えるなら、その考えこそが問題である。 『自覚』 自分の考えそのものについて考える能力 主体性のモデル 『刺激と反応の間に、選択の自由がある』 人間は他の動物には …

あした死ぬかもよ。 ひすいこたろう

読み始めている時は、重い内容と受け取れた。 毎朝少しづつ呼んでいて、常に死という事を考えていけた。 すごくストレスが、かかる反面、 永遠の命は無いので、死ぬとわかっていながら、永遠に生きれるつまりで、 …

新世界 西野亮廣

この本を読むと、作者の人となりが、すごく伝わって来る。 実際にあったことはないが、想像通りのいいやつだと、嬉しいな。 ” とんでもない規模のゲームチェンジが起きている。 とくに【お金】は大 …

すごい学び方 山崎拓巳

成長のスパイラル 真理を言い当ててる苦行のようなスパイラル 学びとは 未来に素晴らしい絵を描く為に、手持ちの絵の具を増やす行為 学ぶ意味 自分が自分を深掘りしていると、自ずと自分と同じ流派、よく似た人 …