「 月別アーカイブ:2018年08月 」 一覧

世界の教養 哲学

2018/08/31   -教養

現象と実在 ソクラテス以前の哲学者 実在するものの根本的な本質は、通常目にしている姿つまり現象とは、大きく異なっていると思っていた。 根源は、水、火。いや万物は常に流転している。 はたまた、何物も実際 …

世界の教養 音楽

2018/08/27   -教養

音楽の基礎 音楽とは模倣や楽譜によって、再現できる、組織化された音のことだ。 音高(ピッチ) 耳に聞こえる、音の高低。音波の周波数 西洋音楽には、明確に違う音高が、12ある 音階(スケール) 長音階 …

世界の教養 科学

2018/08/27   -教養

クローン技術 世界初のクローン。 ドリーと言う名のヒツジ、細胞核のDNAが、母親と同じ 母と娘が、同じ遺伝情報を持っている。 いわば、世代をまたいだ一卵性双生児のようなもの。 ドリーは、母親の乳腺摂取 …

世界の教養 視覚芸術

2018/08/25   -教養

ラスコー洞窟の壁画 ラスコー洞窟の壁画は、現在知られている中では、最古の芸術作品の一つだ。 フランス中部の村モンティニャックの近くの洞窟、約1500点近くの絵が描かれている。 先史時代の人々は、動物の …

7つの習慣 スティーブン、アール、コビー

2018/08/24   -読書感想

自己責任の原則 問題は自分の外にあると考えるなら、その考えこそが問題である。 『自覚』 自分の考えそのものについて考える能力 主体性のモデル 『刺激と反応の間に、選択の自由がある』 人間は他の動物には …

世界の教養 文学

2018/08/24   -教養

【ユリシーズ】 ジェイムズ ジョイス(小説家、詩人) ホメロス(古代ギリシアの詩人)のオデュッセイアをアイルランドの街ダブリンでのある1日の出来事に作り変えたもの 主人公ブルームは、寛容さと度量の広さ …

世界の教養 歴史

2018/08/23   -教養

アルファベット 紀元前2000年 古代エジプト ファラオ 神 )文書で命令が、伝えられなかった。 エジプトの文字ヒエログリフが難しすぎて奴隷は読めなかった。 太古の文字体系 1字1字が、一つの意味 単 …

7つの習慣 スティーブン、アール、コビー

2018/08/13   -読書感想

私達の人格は、繰り返される習慣の結果として、育成されるものである。 “思いの種を蒔き、行動を刈り取り 行動の種を蒔いて、習慣を刈り取る 習慣の種を蒔き、人格を刈り取り 人格の種を蒔き、人生 …