読書感想

本田静六 私の財産告白

投稿日:

日本最初の、林学博士。

当時、昭和20年代の頃

85歳の時に書いた本。

いまここに、長い過去をかえりみて、世の中には、あまりにも多く、虚偽と欺瞞と御体裁が、、充ち満ちているのに脅かされる。

私とてもまたその世界に生きてきた、偽善生活者の1人で、今さらながら、慚愧の感が深い。

しかし、人間85年の甲羅を経たとなると、そうそう、うそいつわりの世の中に同調ばかりもしていられない。

偽善ないし偽悪の面をかなぐり捨てて、真実を語り、『本当の話』を話さなければならない。

世のため人のため、でもあり

また、われわれ老人相応の役目でもあると考えられる。

ブレンタノ博士の財訓

いかに学者でも、まず優に独立生活が、できるだけの財産をこしらえなければダメだ。

そうしなければ、常に金のために、自由を制せられる。

心にもない屈辱を強いられることになる

学者の権威も何もあったものでない。

なんでも働けるだけ働きぬく

何事にも、成功を期するのにぜひこれだけは心得おくべしといった、大切な処世信条の一つを披瀝しておく。

それは、何事にも『時節を待つ』

焦らず、怠らず、時のきたるを待つ

畢竟

幸福とは、各自、自分自身の努力と修養によってかち得られ、感じられるもの

精神向上の気魄、努力奮闘の精神であって、これをその生活習慣の中に十分染み込ませることである。

天丼二杯

ゼイタク生活の欲望や財産蓄積の希望についても、そうであった。

月一万円の生活をする人が二万円の生活にこぎつけても、幸福は二倍にならぬし、10倍の財産に達しても、ただそれだけでは何らの幸福倍加には、ならない

いったい、人生の幸福というのは、現在の生活自体より、むしろ、その生活の動きの方向が、上り坂か、下り坂か、上向きつつあるか、下向きつつあるかによって決定せられるものである。

成功の第一義

経済生活の独立

貧すれば鈍するが、鈍すればさらにまた

貧する

生活の奢り

【儲けようと思ったら儲けさせろ】

徳は孤ならず

かならず隣有り、金儲けも必ず相身互いでなければならない。

儲けようと思えば、人に儲けさせ、人に儲けさせれば、自然に自分も儲かってくる。

義理人情、勤勉努力

【事業というものは、儲かるものでなければ成り立たない。儲からなくてただ有意義だというのでは、結局長続きしないで、せっかくの有意義が、有意義で、なくなる。儲かる上で有意義なら、なおさら結構だが、何としてもまず事業は、儲かることが先決問題だ。しかし、この儲けを一人占めにしようなどと企てては、結局失敗である。儲けるのはみんなで儲けなければなぬ。

また、みんなで儲かるようなものでなければ、良い事業、良い会社には、ならない】渋沢栄一

自惚れと自己反省

人生即努力、努力即幸福

65年前から、大事なことは、現代でも変わらないこともあるのだなと、感心した。

人の話を聞くとか、セルフイメージを高く持つとか、内省、勤勉努力とか、人生計画を立てるとか、爺さんの小言のようにも受け取れるが、大事なことだと受け入れて、進んでいきたいと思う。

-読書感想

執筆者:


  1. sildenafil generic

    buy sildenafil

  2. ed pills gnc より:

    cheap ed pills

    best erectile dysfunction pills

  3. erection pills that work

    non prescription ed pills

  4. online pharmacy より:

    online pharmacy

    online pharmacy

  5. Cialis in usa より:

    cialis mastercard

    cialis generic

  6. levitra coupon より:

    levitra pills

    vardenafil canada

  7. buy viagra より:

    cheap viagra online canadian pharmacy

    generic sildenafil

関連記事

コミュニケーションのための催眠誘導 なんとなくが行動はを左右する 石井裕之

潜在意識に落とし込むテクニックは、色々あるが、大前提のところが理解できてなければ、使えない。 相手をコントロールしようという気持ちを捨てる。 次に相手のどこに関心を持てるだろうかと考える。 面白いなぁ …

『心が強い人』の人生は思い通り 神メンタル 星渉

語尾が、強い。。 冒頭から気持ちのが強くなる言葉でつくられていて、読みたくなる本。 人それぞれ、成功は違うが、そこに向かっていくプロセスで、必要になっていることがとてもわかりやすく、体系化されて書かれ …

死ぬ事以外かすり傷 箕輪暑介

心が動く、ザワザワする文章が、面白い。 いろいろな事が、したくなる、試したくなる感情にさせてくれる。 人と自分を比べることの愚かさを痛感する なかなかの、クレイジーな人 リスクテイクして、意識が変わっ …

夢を叶えるゾウ 水野敬也

整理整頓、部屋の掃除、商売道具に愛着もつ 人喜ばす。 人の欲を満たす事=自分の欲を満たす事 お金は人を喜ばせることでもらうもの 好きなことや楽しいことしか出来ない 人を喜ばせることを何より楽しいと思え …

no image

自分を超え続ける 南谷真鈴

『目標』が、誰かに言われたり、親の期待に応えるためのものだったら、最初からやらなかったかもしれません。 自分の内側から湧いてくる純粋な 『やりたい』という気持ち これに勝る『何かをする理由』はないと思 …