読書感想

僕の死に方 エンディングダイアリー500日 金子哲雄

投稿日:

著者の人となり、本を読むことで、感じることが出来る。

死が確定している状態で、生き方の選択が出来る。

読んでいるうちに、相手の為にを優先することがとても伝わって来て、、

死生観を考えてみたいと思えました。

死を考えておくと、その瞬間の動き方が、変わる。

忘れないようにしておきたいと思いました。

ありがとうございます!

商売の基本は相手を喜ばせる

電車の中吊りの見方

各編集部の知恵の結集

時代を表す言葉たち。

スーパーは大衆が、喜ぶ宝庫

スーパーはその地域の経済活動の核

-読書感想

執筆者:

関連記事

コミュニケーションのための催眠誘導 なんとなくが行動はを左右する 石井裕之

潜在意識に落とし込むテクニックは、色々あるが、大前提のところが理解できてなければ、使えない。 相手をコントロールしようという気持ちを捨てる。 次に相手のどこに関心を持てるだろうかと考える。 面白いなぁ …

新世界 西野亮廣

この本を読むと、作者の人となりが、すごく伝わって来る。 実際にあったことはないが、想像通りのいいやつだと、嬉しいな。 ” とんでもない規模のゲームチェンジが起きている。 とくに【お金】は大 …

座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋 伊藤勇司

ちょっとした、幸せを有り難く、感じるようになれる。 求めていることが、逆に働いていく。 自分は、執着を手放せば良いと、気づけた。 幸せな理想を思い描けば思い描くほど『それが実現するできていない自分』を …

革命のファンファーレ 西野亮廣

信用の勝ち取り方。 『嘘をつかない』自分の意思を明確に表明する インターネットが、物理的制約を破壊したのなら、それに合わせて売り方も変化させていかなければならない。 現代で物を売るなら、当然、現代人の …

no image

10年後の仕事図鑑 落合陽一×堀江貴文

普通が普通でなくなる時代 『普遍』の意味で、『普通』ではない、社会の在り方が変わるなら、『普通』を定義し直した方が良い これからの未来においては “何者ではない人間” &#82 …