読書感想

偏愛ストラテラジー 石原夏子

投稿日:

キーワードは共感かなぁ。

思いやりかなぁ。

その気持ちを察知できるセンスは、ロボには、できない事かもね。

大事なことは、美意識だと思ってはいる

多様化の中でのマーケティング

キーワードはファン

戦略をたてて、仕掛けて行く

偏愛ストラテラジー

筆者の価値観では、ファンと追っかけは違う

ファンとして、アーティストが作る音楽を楽しんだり、ライブに行くのがメイン

けっして、人を追っかけてはいない

ファンとは、送り手の『次に』期待している人

偏愛を高めるためには、『私のことをわかってくれている』という価値を提供する必要がある。

ライフスタイルや生活を良い方向に変える、人生に入り込む価値。

仲間となんらかのつながりを持っていることが、偏愛からの脱落を防ぐのです

受けて同士が繋がる場所

プラットホームを作る。

ヴィジョンを共有できる名前が必要。

長く愛せるものを作りたいなぁ

音楽ソフトは、売れてないけど、ライブ、エンタテイメント市場は、上がっている。

2016年のデータ

もの消費から、コト消費へ

ファン自身が能動的にアクションを起こすこと

ライトからヘビーまでいる

どうしたら、自走してくれるのか?

ここが、知りたい。

ステークホルダー

二次、三次と違いはあれど、

サッカーのサポーター

アイドルの、推し。

ホスト、キャバクラも、そういうことなんだな。

経済の論理と偏愛

感情とお金に対する個人の価値観と意味づけ

送り手、受け手

その人達の価値観、物事に対する受け取り方。

参加→拡散→循環

この、盛り上がり方が、さらなるファン度向上、次なるファンの、呼び水になる

行動換気

発信する

承認欲求くすぐられる

続けたくなる

集団欲求、孤独が退屈に感じられてくる

仲間ができて楽しくなる

さらに、鮮度、深度と発信。

そして循環

和が拡がる。。

提供する側の美意識

お客様としての美意識

とても、学びになりました、感謝です

-読書感想

執筆者:

関連記事

新・魔法のコンパス 西野亮廣

どれだけ時代が変わっても変わらない普遍的なルール また、ふとしたタイミングで、読みたいと思える。 人間は知らないものを嫌う性質を持っている 仕事量と給料が見合ってない。。 この言葉むかし使ってたなぁ。 …

圧倒的にズルイ人生戦略 TOKKY

なぜ戦ってしまうのか? 自分には価値があると認めてもらいたいから 正解のない時代 自分の幸せは、、、 何の為にやっているのか? 原点を思い出す。 その場その場の感情に任せて行動するよりも、本当に欲しい …

死ぬ事以外かすり傷 箕輪暑介

心が動く、ザワザワする文章が、面白い。 いろいろな事が、したくなる、試したくなる感情にさせてくれる。 人と自分を比べることの愚かさを痛感する なかなかの、クレイジーな人 リスクテイクして、意識が変わっ …

一生若くいられる『都市型原人』という生き方 青木晃

尊敬している方が、 【生きる事に価値がある】 と、ふと、言っていた事を忘れずに覚えている。 世界に適応して生きたいとおもえる。 早起き、なるべく歩く、腹6分目の食事、新しいことにチャレンジする などの …

no image

自分を超え続ける 南谷真鈴

『目標』が、誰かに言われたり、親の期待に応えるためのものだったら、最初からやらなかったかもしれません。 自分の内側から湧いてくる純粋な 『やりたい』という気持ち これに勝る『何かをする理由』はないと思 …